Destinations

日光

日光・栃木

世界遺産に認定された日光をはじめ、美しい山・川の景観、歴史的建築や温泉地が揃う栃木県。都心からもアクセス至便な地なので、ぜひ訪れてみよう。


世界遺産と雄大な自然・日光

日光駅からバスで5分ほどの「日光山内」エリアには、世界遺産の2社1寺(二荒山神社、東照宮、輪王寺)およびこれらをとりまく遺跡が集まる。日本を代表する宗教的建築群であること、さらに江戸幕府を開いた将軍・徳川家康(1543-1616)が眠る墓所としての価値が高く評価されている。
徳川家康公が祀られる東照宮は、500以上の彫刻が施された極彩色の「陽明門」や、幼少期に悪事を「見ざる、言わざる、聞かざる」という教えを具現化した有名な「三猿」が見られる。毎年春秋2回行われる例大祭では千人武者行列が披露される。輪王寺の本堂・三仏堂には、弥陀・千手・馬頭の金色三尊大仏が祀られている。輪王寺・大猷院は重厚な雰囲気で、境内に林立する315基の灯籠も印象的だ。
日光二荒山神社は、古くより、二荒山(=男体山)を御神体山と仰ぐ。本道の裏側からは、巨岩や泉・滝の点在する森の中を石畳の参道が延びており、別宮・滝尾神社までは片道約1km。道中に立つ「運試しの鳥居」は、中央に開いた穴に向かって小石を三つ投げ、穴を通った数で運を試すことができる。樹齢数百年の杉が生い茂る中を散策していると、大自然のスピリットが身に注いで来るようだ。

いろは坂を越え、湯元方面まで含むエリアを「奥日光」といい、湖や滝、草原や湿原など、大自然の中に見所が点在している。男体山は標高2,486m。春から秋にかけてはハイキングが楽しめる。中禅寺湖は約2万年前に男体山の噴火で堰き止められた堰止湖で、男体山と共に山岳信仰の対象となっていた。避暑地や別荘地としても人気。華厳の滝は、日本三大名瀑の1つ。高さ97mの落差で流れ落ちる。岩壁からは伏流水が流れ出し滝全体を包み込む特異な景観を作り出している。戦場ヶ原は、標高1,400mの高地に広がる高層湿原。2005年にはラムサール条約登録湿地となった。湿原にはさまざまな動植物が生息し、夏はとくに高山植物が美しい。

日光の名物、「ゆば」料理。ゆばは大豆の加工品のひとつで、豆乳を作り、これを煮たとき表面にできる薄い膜を引き上げたもの。元々は、修験者たちの携帯食として食されていた。
日光から電車で少し足を伸ばせば、雄大な鬼怒川渓谷沿いに旅館・ホテルが立ち並ぶ関東有数の大型温泉地・鬼怒川温泉がある。江戸時代の発見当時は日光詣の僧侶や大名のみ利用できたが、明治以降一般開放された。周辺には江戸時代の街並みを再現した日光江戸村や、世界の建築物を25分の1の縮尺で再現した東武ワールドスクエアがある。
日光・鬼怒川へは、浅草から東武鉄道特急が運行している他、新宿からJR東武直通特急の利用が便利。いずれも所要時間は約2時間。


関連スポット

スポットリスト

Recommended Restaurant

Recommended Destinations

Recommended Event

AD

Copyright © 2000-2012 FINEX Co., Ltd.